会社情報

会社概要

会社名 有限会社 鈴鹿農園
代表取締役 鈴鹿 誠
設立 平成16年4月21日
資本金 300万円
従業員数 12名(役員4名・正社員6名・季節雇用2名)
所在地 〒082-0006 北海道河西郡芽室町東芽室南1線17番地 電話 0155-62-0442 FAX 0155-62-0470
事業内容 畑作農業(小麦・じゃがいも・小豆・大豆・にんにく・ルバーブ・さつまいも)
経営面積 235ha(経営内所有地130ha)
加盟団体
  • 株式会社HAL GREEN
  • 北海道中小企業家同友会
  • 北海道サツマイモ懇話会
  • 北海道農業法人協会

主要作物

  • 秋小麦(108ha、内スペルト小麦 11ha)
  • 春小麦(10ha)
  • 大豆(21ha)
  • 小豆(12ha)
  • 馬鈴薯(食用 26ha、加工 25ha)
  • 長いも(10ha)
  • にんにく(5.5ha)
  • さつまいも(0.6ha)
  • ピーナッツ(0.7ha)

主要農機具

  • コンバイン(共同1台・自社1台)
  • トラクター(150PS以上:5台/150PS以下:7台)
  • ポテトハーベスター(自走4畝1台、牽引2畝1台)
  • ポテトプランター(4畝1台)
  • グレンドリル(4m1台、6m1台)
  • スプレイヤー(3台)

株式会社HAL GREEN出荷作物

  • 小麦
  • 馬鈴薯
  • ルバーブ
  • さつまいも

主要施設

  • 小麦乾燥施設(2系統 乾燥機14基)
  • 調整施設(1式)
  • 小麦製品貯蔵庫(貯蔵能力1,200t)
  • 低温貯蔵庫(300コンテナ)
  • にんにく乾燥施設

2019年4月30日現在

鈴鹿農園のある芽室町

芽室町(めむろちょう)は、北海道十勝管内の中西部にある町。十勝総合振興局の中心部に位置しています。芽室とは、アイヌ語で「メム・オロ」が転化したもので、意味は「川の源の泉や池から流れて来る川」の意味。十勝川、芽室川、美生川などが潤した肥沃な大地には、小麦、じゃがいも、小豆、ビートなどの作物が広大な畑で育っています。町の大きさは東西22.6km、南北35.4km。その約42%が農地で、49%が山林となっています。
広大な畑作地帯が特徴で、日本有数の晴天率を誇ります。
夏は昼暑く夜は涼しい風土のため、作物を育てるには最適な土地。年間平均気温6°C。寒暖差は夏は30°C以上。冬には氷点下20°C以下になることもあります。

北海道芽室町

鈴鹿農園へのアクセス

お車でお越しの場合
●帯広駅から車で 十勝国道/国道38号線 経由 約22分 ●芽室帯広ICから車で 十勝国道/国道38号線 経由 約3分